【2024年最新】ハウスメーカーの年収ランキング。建設業の平均を上回る企業は?

優良な非公開求人は建築転職で紹介しています

無料登録フォーム
  • STEP1
  • STEP2
希望の職種
就業可能日
希望の勤務地

次へ

お名前


メールアドレス
例:info@sample.co.jp (※半角英数字)
電話番号

3,382人の方が、この記事を参考にしています。

建設業のなかでも、「住まい」を提供することで豊かな生活を支えることができるのが「ハウスメーカー」です。住まいだけでなく物流倉庫などを扱うハウスメーカーも増えており、建設業界における存在感は年々大きくなっています。

ハウスメーカーは、人の夢に寄り添う仕事に携われるだけでなく、高年収を期待できる企業もあるため、就職活動では人気の業種です。そこで、今回はハウスメーカーの年収ランキングを紹介します。

ハウスメーカーで働いてみたいと考えている方は、ぜひご覧になってみてください。

ハウスメーカーの年収ランキングTOP15

それではさっそくハウスメーカーの年収ランキングをみていきましょう。

ランキングの順位は平均年収でつけています。また「建築転職」内に求人情報が掲載されている企業については、職種と年収を参考に引用しています(2024年4月時点の情報)。

上位4社は、平均年収が800万円を超えていることがわかりました。

会社名 平均年収 「建築転職」における求人
職種 年収
第1位 大和ハウス工業 928万円
第2位 積水化学工業 913万円
第3位 住友林業 898万円 施工管理:
意匠設計:
338万円~
338万円~
第4位 積水ハウス 834万円 設計:
施工管理:
監理技術者:
カスターマーズサービス:
500~1,000万円
500~1,000万円
350~525万円
253~330万円
第5位 タマホーム 777万円 設計:
施工管理:
営業(分譲):
営業(戸建て):
アフターメンテナンス:
264~603万円
313~662万円
306~653万円
268~1,060万円
264~603万円
第6位 旭化成 761万円 意匠設計:
構造設計:
施工管理:
主任技術者:
監理技術者:
アフターメンテナンス:
営業:
事務:
342万円~
342万円~
342万円~
406万円~
432~540万円
370万円~
348~557万円
253万円~
第7位 オープンハウス 732万円 設計:
施工管理:
アフターメンテナンス:
住宅営業:
土地仕入れ営業:
420~700万円
420~700万円
420~700万円
400~700万円
400~700万円
第8位 アグレ都市デザイン 660万円
第9位 アールシーコア 646万円
第10位 サンヨーホームズ 577万円 設計(土地活用):
施工管理:
営業:
アフターメンテナンス:
301~661万円
301~661万円
301~661万円
301~661万円
第11位 三栄建築設計 549万円
第12位 フジ住宅 545万円
第13位 アールプランナー 534万円 住宅設計:
構造設計:
インテリアコーディネーター:
施工管理:
アフターメンテナンス:
積算・購買:
注文住宅営業:
不動産営業:
350~1,000万円
350~1,000万円
350~1,000万円
350~1,000万円
350~1,000万円
350~1,000万円
350~1,000万円
350~1,000万円
第14位 日本ハウス
ホールディングス
513万円 施工管理:
個人営業:
327~467万円
400~800万円
第15位 ケイアイスター不動産 456万円 分譲住宅設計:
施工管理:
アフターメンテナンス:
リフォーム営業:
320~720万円
350~400万円
360万円~
288~600万円

参考:2023年3月末時点の各社の有価証券報告書

↓ハウスメーカーの非公開求人はこちらでご紹介しています。

無料で建築転職に登録する

平均年収800万円以上のハウスメーカー

大和ハウス工業・清水化学工業・住友林業・積水ハウス

平均年収が800万円を超えるのは、上記の4社。いずれも1万人を超える従業員を抱えている大企業です。商業・物流施設などの住宅以外の得意分野があったり、「セキスイハイム」のような強力なブランド商品を持っていたりなど、各社が独自の強みを持っています。

高年収を期待できますが、「建築士」や「施工管理技士」などの資格を応募要件としている企業もあります。キャリア採用を目指す場合は、十分な能力と実績が求められるでしょう。

ハウスメーカーへの転職については、以下の記事を参考にしてみてください。

平均年収529万円以上のハウスメーカー

タマホーム・旭化成・オープンハウス・アグレ都市デザイン・アールシーコア・サンヨーホームズ三栄建築設計・フジ住宅・アールプランナー

国税庁の「令和4年分民間給与実態統計結果」によると、建設業の平均年収は、529.1万円です。上記のハウスメーカーは、平均年収が529万円を超えており、建設業全体の平均よりも高い年収を期待できます。

充実した福利厚生や、フレックスタイムなどの柔軟な勤務制度を整えている企業が多い印象です。「建築士」「施工管理技士」「宅地建物取引士」などの保有資格に応じて手当が支給されるケースもあるので、ステップアップを目指しやすいでしょう。

平均年収450万円以上のハウスメーカー

日本ハウスホールディングス・ケイアイスター不動産

建設業の平均年収を下回る結果となったのが、上記の2社です。しかし、「令和4年分民間給与実態統計結果」における全国の平均年収は456万円となっており、全国的に見れば平均並みの年収を期待できます。

日本ハウスホールディングスは「脱炭素・檜の家」、ケイアイスター不動産は「高品質で低価格な家づくり」を注文住宅の強みとしています。クライアントに喜ばれる住宅に携わり、やりがいを感じながら働けるでしょう。

ハウスメーカーでステップアップを実現するポイント

年収ランキングを見ると、ハウスメーカーのなかでも平均年収に大きな差があることがわかります。それでは、ハウスメーカーでステップアップを実現するには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。ここでは、年収アップのポイントを紹介します。

資格の取得

自身の価値をわかりやすく示すには、資格を取得するのがおすすめです。資格の取得により活躍の場が広がるだけでなく、手当てを支給してもらえたり、転職に役立ったりなど、多くのシーンで効果を感じられます。ハウスメーカーで役立つ資格を紹介するので、計画的に学習を進め、取得を目指しましょう。

【営業】
・宅地建物取引士:契約や法律の扱いに長けた不動産取引のプロ
・ファイナンシャルプランナー:総合的な資金計画で目標達成を支援するプロ
・住宅ローンアドバイザー:公正な立場で的確なアドバイスを行う住宅ローンのプロ

多くの方にとって、住宅を購入するときの大きな心配事は、お金です。ファイナンシャルプランナーや住宅ローンアドバイザーの能力を身に付けることができれば、将来のお金の不安を取り除き、安心して住宅を購入してもらうことができます。また、不動産取引の法律・契約に関する説明を求められることが多いため、宅地建物取引士を取得すれば信頼感のある営業マンになれるでしょう。

ハウスメーカーにおける住宅営業の仕事については、以下の記事をご覧ください。

【設計】
・一級/二級建築士:建築物の設計に必要な資格

建築物の設計・監理を行うには、建築士の資格が必要です。級数によって扱える建築物の規模が異なります。ハウスメーカーで戸建て住宅を扱う場合は二級建築士で十分なケースが多いでしょう。商業施設や物流施設を扱うハウスメーカーに勤める場合は、一級建築士をしておくと将来性がアップします。

ハウスメーカーにおける設計職、建築士の仕事については、以下の記事をご覧ください。


【施工管理】
・一級/二級建築施工管理技士
・一級/二級建築士

建築施工管理技士を取得すると、工事現場で主任技術者・監理技術者の役割を担うことができます。これらは工事現場の重要なポストなので、積極的に建築施工管理技士を取得しましょう。建築士を取得することで建築に関する深い知識・技術を持った施工管理者としてさらに重宝されます。

ハウスメーカーにおける施工管理の仕事については、以下の記事をご覧ください。

詳細は転職エージェントに聞いてみよう

今回の記事では各企業の平均年収を紹介しましたが、基本的には各企業の規程に合わせて資格や能力で給与が決まります。また、楽しく仕事を続けるには、企業の雰囲気や福利厚生といった要素も重要です。

ご自身の給与の相場や企業の内情については、業界の実情に精通したプロフェッショナルである建設業界専門の転職エージェントに聞いてみましょう。

ハウスメーカーの仕事に興味がある方は、ぜひ「建築転職」にご相談ください。登録いたただいた方には非公開求人情報も紹介しておりますので、ぜひ下記から無料登録ください。

↓無料登録はこちらから

おわりに

住宅は「人生で一番高い買い物」といわれています。ハウスメーカーは、優れた住宅を提供することで、夢を叶え、豊かな暮らしを支援する仕事です。クライアントの喜ぶ姿に接するシーンが多いため、大きなやりがいを感じられるでしょう。高い能力を身に付け、優れた実績を積み上げることができれば、ステップアップで高年収を得ることもできます。

ハウスメーカーで働いてみたい方は、ぜひ「建築転職」にご相談ください。

この記事を監修した人

プロフィール写真

株式会社トップリフォームPLUS
取締役
小森 武

保有資格:1級施工管理技士・一級建築士

関連する記事