ダイエット学習天国

過度の食事制限は禁物!ダイエットの本質は「健康体」です。

 

 

目標体重や理想のボディラインは人それぞれ。男女問わず、ダイエットに挑戦したことのある方は少なくありません。今ではネットで検索するだけで、様々な食事や運動法を見つけることができます。

 

ここで気を付けていただきたいのが、過度の食事制限などによる「ストレス性の痩せ方」をしないということ。ダイエットには本来、「美容や健康のための食事法」という意味があります。つまり、「健康的な生活→体内の循環が良好に→無駄のない細身の身体」という公式が根底にあるのです。

 

 

ダイエット学習天国では、ダイエットの近道ともいえる「痩せやすい体」を追求していきます!

 

 

食事は体作りの基本!

 

 

栄養バランスを考えるのはもちろんのこと、その食べ方にもポイントはあります。念頭に置いていただきたいのは、「代謝を良くする」という心がけです。

 

1)3食きちんと、2)温かいものを、3)よく噛んで食べる

 

これが痩せやすい体作りの鉄則です。

 

まず1番目の3食をきちんと食べる行為は、言い換えるならば「体内のエネルギー消費率を上げる」ということ。
空腹を我慢している時の体内では、エネルギーを逃がしてはいけない、と温存モードにスイッチが入ります。その為、体はなんと脂肪を溜めやすくなってしまうのです。おまけに空腹に耐えきれずドカ食いなんて可能性も…。これでは元も子もありません。
「食べる=太る」ではなく、「不健全な食べ方=太る」と考えるようにしましょう。きちんと食事をすることで体内時計がうまく動き、結果的に代謝が良くなるのです。

 

2番目の温かいものを摂取するというのも、代謝を上げる為には大切なことです。体が冷えている状態では血流も悪く、脂肪や老廃物をうまく排出できません。
冷たいジュースではなく常温の水や温かいお茶を飲むようにするなど、簡単な所から始めてみましょう。
モデルの定番ともなりつつある「白湯ダイエット」は、まさにその証明です。起床後に白湯をコップ一杯飲むことで体がじんわりと温まり、体内に溜まった老廃物が流れやすくなります。

 

3番目のよく噛んで食べるというのは、満腹中枢の刺激による食べ過ぎ防止につながります。また食べ物をしっかりと咀嚼することで消化を助け、胃への負担を軽減します。「早食いは早死にする」なんて言葉が昔からありますが、まさにその通り。体を労わってこその健康体、ということです。

 

たくさん顎を動かすという行為は、顔をすっきりさせる効果も抜群ですよ!

 

 

「カロリー摂取量<エネルギー消費量」を守る!

 

 

シンプルでありながら、これがとっても大事。ダイエットを考える時に運動を推奨されるのは、このためです。もちろん体を動かすことで代謝も上がるので、痩せやすい体を作りたい時には欠かせません。
そして、これも当たり前のことながら、おなかペコペコでは体を動かす元気も出ません。食べずに運動というストイックな痩せ方は、続きにくい上にそもそも不健全です。
摂取カロリーを上手に消費するサイクルを、普段の生活から作り出すようにしていきましょう。

 

もう一つ忘れてはならないのが、姿勢。骨盤の歪みはダイエットの大敵です。良い姿勢で骨盤を正しく維持し、内臓が本来あるべき位置にきちんと戻ります。本来あるべき状態が体内で整うということは、全身の循環が効率よく行われることを意味します。

 

 

体にとって良いことをする、それだけ!

 

 

いかがでしたか?痩せやすい体を作るためには、体が喜ぶことをしてあげるのが一番の近道なのです。様々なダイエット法が出回る中、やはり立ち返る所は正しい食生活なのでしょう。体作りは継続があってこそです。
続けやすく健康的。それを忘れずに、素敵なボディラインを手に入れていただければ幸いです。

 

 

最近、優光泉という酵素ドリンクを始めました。
結果はどうなることやら・・・